失業と退職と就職関連について解説したページです

失業と退職と就職関連

 高齢者再就職給付金

-目的-
年金の支給が2001年から段階的に65歳に引き上げられたため、60歳から65歳までやりくり が大変です。再就職先が決まったけど、給与が大幅にダウンした人を支援するための給付 金です。

-対象-
(1)失業手当(=基本手当)の支給日数の残りが、100日以上ある人が再就職したとき。た だし、1年を超える雇用期間が予定されている必要があります。また、以前に再就職手当 や早期再就職支援金(平成16年度に廃止)を受け取った場合は、支給されません。
(2)現在の給料が、60歳になる直前6カ月間の、平均月額(ボーナスは含まれません)の75 %未満のとき。
(3)60歳以上〜65歳未満の被保険者であること。つまり、60歳以上になっても、雇用保険 に加入していることが必要です。
(4)被保険者期間(=雇用保険加入期間)が、通算して5年以上必要。以前に、基本手当を もらったことがある人は、基本手当の受け取り終了から、5年以上たっていることが条件 です。
その期間、転職した場合でも通算できますが、次の会社に入社するまでの期間が、1年以 上あるときは通算できません。
(5)60歳以降にもらう給料が、支給限度額の340,733円(平成18年8月現在)以下のとき。

-支給額-
最大支給額:新給与の15%×2年間
(給与が以前の給与の60%以下になった場合)
*61%〜75%に下がった場合は、次の計算に基づいて支給されます。
支給額(月額)=(137.25÷280×60歳時の給与)−(183÷280×新しい給与)


 失業給付の基本手当

 高齢者再就職給付金

 教育訓練給付金

 再就職手当

 早期再就職支援金

 就業手当

 早期就業支援金

 常用就職支度手当(旧常用就職支度金)

 広域求職活動費